口下手 デート 成功 コツ

口下手でもデートを成功させるコツ

スポンサーリンク

話が上手い人もいれば、下手な人もいます。
また口が上手い人もいれば、口下手な人もいますよね。
口下手な人は無理に上手に話そうとするのはやめましょう。
それは偽りの自分であり、自分にとっても相手にとっても誠実であるとは言えません。
口下手は口下手なりに行動で示せばいいのです。


たまに口にする言葉が女性への気遣いの言葉だったり感謝の言葉だったりした場合、女性にはきっと好印象でしょう。
あまりベチャクチャ喋らない男性が好きな女性もいます。
そういった女性とのデートであれば、あまり多くの口数は必要ないはずです。
無理に会話を多くするのではなく、少ない会話でも内容を濃くすれば問題はないのです。

スポンサーリンク

レディファーストを心がけたり、道を歩く際に車や自転車などを気にして、女性をエスコートしてあげれば口下手でも誠実さや優しさというのは伝わります。
そこを意識してデートを進めてみてはどうでしょうか。
女性が長く一緒にいたいと考えるのは話が上手なだけの男性よりも、多少口下手でもこういった女性に対して気遣いのできる男性だったりします。
何回もデートを重ねれば、その心の内側の良さというものも知ってもらえるはずです。


聞き役に徹するということも大事かもしれません。
話をするのが好きな女性であれば女性側からどんどん話題は出てくるでしょう。
それをひとつひとつ丁寧に聞いてあげるだけでも女性は安心感を覚えるのではないでしょうか。
自分で話すのが苦手な男性は女性の話を真摯に聞くということを心がけて会話に臨んでください。
デートでは必ずしも男性が話をしなければならないということもありません。
話を聞くことができるのも立派な会話術であると考えれば、口下手もマイナスの要素にはあまりならないと考えることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加