デートプラン 女性が決める リスク

デートプランを女性に決めさせるリスクについて

スポンサーリンク

デートのプランは男性が決めるものというのが今の日本では基本になっています。
しかし草食系男子が増えてくると共に肉食系女子が増えてきているという現状もありますから、女性が男性に代わってデートプランを立てるということもあるかもしれません。
男性としてはとても楽ですから、デートの組み立てをしてくれる女性に全てを任せてしまうかもしれませんが、ここには少なからずリスクがあることも覚えておきましょう。


デートプランを女性に決めてもらう場合、女性が自分のことを考えたプランになりがちです。
男性がデートプランを決める場合も男性本意になりがちと思われるかもしれませんが、恐らく男性が考えるデートプランよりも女性が考えたデートプランの方が女性よりの計画となってしまうでしょう。

スポンサーリンク

そうなると男性は自分を出すキッカケを失ってしまい、行動力や判断力と言った男らしさを発揮できる機会が極端に少なくなってしまいます。
デートプランを女性に決めさせている時点であまり男らしさを感じることはできませんが、そのデートの中では特にそういった場面が減ってしまうでしょう。

 

デートプランを女性に決めさせるということは女性に主導権を握られてしまうということを意味しています。
その後のデートも女性が主導して行うことになるかもしれませんし、もし付き合うという段階にまで発展したとしても女性に主導権を握られたままというリスクも伴うのです。


それが楽だと考える男性であればいいのですが、恐らくどこかで窮屈に感じてしまうでしょう。
しかし、そう感じてからでは取り返しがつかず、良い関係を継続していくことが困難になるというリスクも持っています。
今後のことも考えると、特に最初のデートに関してはそのプランを女性に決めさせるのは避けた方がいいと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加